読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛猫はポチの気ままに徒然紀行

SNSで書いた事を備忘録的に残しています

自分に出来る失敗しない事をするのが成功のもと

プライドが高くて傷付きやすい人間が増えていて、周りを困らせる事が多い。プライドが高いからこそ周りに自分が出来る人間だと思われたいし、傷付きやすいからこそ失敗して出来ない人間だと思われるのが怖い。

 

だからこういう人間は「自分に出来る失敗しない事」しか取り組もうとしない。
自分のしたことが無い事や、新しい事、答えや結果が明確では無い事をして失敗をしたらプライドが傷付くし、自分の評価が下がると思っているから。だからなるべくそういう事は避けて生きようとする。 仮に新しい事を始めたとしても、他の(自分と同等かそれ以下の存在だと思っている)人間に出来る事しかやらない。あの人間に出来るのなら自分にも出来るだろうと思っているから。

 

でも 「自分に出来る失敗しない事」しかやらないっていう事は、それは全く成長していないって事なのだよね。


人間は常に新しい事を覚えて、新しい事を挑戦して、新しい環境に飛び込んで、多くの失敗をし、その失敗を次に活かす事で成長していくものだから。新しい事をして失敗するぐらいなら最初から何もせず自分に出来る失敗しない事しかやらないというのは自分の成長を諦めていると言えるのだけどそこには気付いていない。
また、プライドが高いため「自分に出来る失敗しない事」をしている自分も凄いと思い込んでいて、そこに周りとのギャップが生まれる。

 

その結果、本人は「自分はこれだけやっているのに周りが認めてくれない」と思い、周りは「簡単な事しかしていないのに凄く出来るアピールをしてくる」と煙たがる。本人に「それではダメだ」と言っても心には響かない。本人は自分が凄い人間だと思っているし、自分に忠告してくる人間は自分の敵だと思っているし、傷付きたく無いから否定的な言葉は聞こうともしない。それが的確なアドバイスだとしても。

 

解決策は難しく、周りとの摩擦を避けるために人目に付かないポジションで決まった事(その人に出来る失敗しない事)をさせるのが良いのだが、プレイドが高く周りから評価されたい人間なので人目につかない場所に置かれる事に不満に思う。それでも周りと距離を置かないとその人の自尊心の代わりに周りの不満が爆発するから。