読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛猫はポチの気ままに徒然紀行

SNSで書いた事を備忘録的に残しています

「うつ病は甘えだ」だと決めつける甘い考え

自分は「新型うつ」の影響で本当にうつ病で苦しむ人が「うつ病は甘えだ」などと言われて更に迫害を受けるようになったと憤慨している。うつ病患者の人は何も出来ない事に苦しみ申し訳なく思い日々そんな自分が嫌で自分自身を責めているのに。

 

そもそも「新型うつ」なんて言葉は病名でも診断名でもなく2007年頃からメディアで広がった造語でしかない(精神科医香山リカ氏が書籍で用いたのが最初だと言われている)。そして新型うつという言葉は日本でしか使われておらず、日本精神神経学会でも公式に「新型うつ病という用語はありません」と発表されている。それなのに「新型うつの人は仕事中は落ち込んで何も出来ないけれど仕事が終わると元気に遊びに行く」などとメディアが広めたためにうつ病患者も同じだと勘違いされるようになった(記憶が曖昧だけど朝青龍うつ病だと報じられてその後遊んでいる姿がスクープされた時にうつ病は甘えの病気だと叩かれていたと思う)。

 

うつ病は自責的で動けず何も出来ない自分を責めて「自分なんていない方がいい」「迷惑掛けるなら死んだ方がいい」と思いがちで(うつ病患者に自殺の傾向があるのはこの感情がどんどん高まってしまうからだと思う)、反対に新型うつは他罰的で自分が大変なのは周りのせいだと愚痴を言ったりする傾向がある。症状として異なるものを「うつ病」にカテゴライズされてしまったがために様々な誤解を生じている。
何も出来ないなりに何とかしようと頑張って、それを「甘えだ」「もっと頑張れ」と罵られ、自責の念に駆られて命を絶ったうつ病患者もいただろう。

 

だから自分は「新型うつ」という言葉は変えるべきだと思う。
少なくとも「うつ」という言葉を入れてはいけない。

 

「新型うつ」という言葉が生まれて間もなく10年を迎えようとしているがうつ病への理解が変わらない世の中への警鐘として。