読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛猫はポチの気ままに徒然紀行

SNSで書いた事を備忘録的に残しています

闇サイト殺人事件について

闇サイト殺人事件について。


2007年8月24日午後10時頃、名古屋市千種区の路上を歩いていた31歳女性を、男3人が強盗目的で拉致し、殺害した事件です。犯行グループ3人は日常生活で面識はなく、知り合って犯行を行うきっかけとなったのがネットで犯罪者を募集する闇サイトでした。
3人は女性を殺害して現金を奪うことにし、被害者の女性は偶然見かけただけという通り魔的犯行です。


犯行当日、名古屋市千種区で帰宅途中の路上を歩く女性を車に連れ込んで、手錠をかけて拉致。約6万円とキャッシュカードを奪い、キャッシュカードの暗証番号を聞き出しました。この時、犯人は女性に性的乱暴をしようとしましたが、悲鳴を上げながら抵抗されたので未遂に終わったと言われています。


女性は「殺さないで下さい」「話を聞いて」と何度も命ごいをしましたが聞き入れられず、容疑者は犯行が露見するのを恐れ、被害者の顔に粘着テープを巻きつけた上にポリ袋をかぶせ、ハンマーで頭を数十回めった打ちにし、遺体を岐阜県瑞浪市の山中に埋めて逃走。犯人が聞きたしたキャッシュカードの暗証番号は嘘の番号で現金を引き出す事は出来ませんでした。


銀行に入っていたお金は母子家庭だった女性が母親を喜ばすために貯めていたマイホームの資金でした。


被害者の母親は容疑者らを極刑にするために陳情書の署名を集めるホームページを設立、2007年10月1日に10万人、2008年12月18日に目標の30万人を超える署名を集めた。海外に住む日本人や外国人の署名もあったという。なお、被害者の母親は容疑者3人全員の極刑を求めています。


この署名に自分も名前を書きました。